窓口で相談する

あなたの暮らしが変わったり、家族が増えたりしたら、そのときが見直しのタイミングとしてもう一度保険を見直しをしてみましょうということを言っているのです。

親からの独立に結婚、そして子供の誕生、マイホーム獲得……、みなさんにだって、そのような人生の転機というものが必ず訪れるものです。そのとき、ちょっとだけでも、保険に向きあう意識が出来ていれば、自ずと、自分の現在入っている保険はどうかと見直すモチベーションが出来上がるはずです。その程度の見直しの仕方で充分です。周囲の人たちもそれ以上のことをしている訳ではありません。

暮らし、家族が変わり、保険の保障内容が今のライフスタイルに合っているかを検討し、保険にかけられる予算はどれくらいか……などを見直してみましょう。

もう一つは、保険には、10年更新型、15年更新型と言ったものなど契約期間に応じたいろいろなタイプのものがあります。保険を更新するときに、今入っている保険が、現状にフィットしているか判断するのも保険見直しの方法です。

とはいうものの、一番保険に素人が誰かといえば、いつまでたっても利用者であり、見直しすると言ってもどのような方法で見なしをしていいか具体的判断が出来ないかもしれません。インターネットの時代ですが、ここは、窓口で専門家に相談するというのが方法の一つです。

保険見直しの風潮

競争しあって、いろいろな保険会社が登場して、ここに悪い保険会社が増えるということではありません。そのような保険会社が競争にもまれて存在出来ないはずです。実際に、競争しあうということは消費者にとって、大きなメリットがあるはずです。
しかし、消費者は、そこから、損する保険、得する保険を区別して見分けていかなければならない作業をしていかなければなりません。それは、ひょっとしたら消費者にとって手間のかかる唯一のデメリットなのかもしれませんが。

しかし、それは決して難しい問題ではなくて、保険のメカニズムをしっかり理解すればいいまでのことです。まず、大事なのは、保険に対して関心を持つことであり、それを基本、保険見直しと言います。

給料が右肩上がりの高度成長の時代も終焉に勝っていき、ちょっと程度損をしても、面倒くさいからそのままにしておこうという時代でもなくなってしまったのです。この現代社会において、当たり前のモチベーションとして、保険見直しをしようという風潮が起こったのです。

ただし、保険見直しを、いつも、時間のあるときにしましょうということではありません。そんな時間は、ほとんどの人たちにあるはずはありません。

保険見直しの認識

最近とてもよく聞く言葉が保険見直しです。なぜ、そのようなモチベーションが世間に高まっているのかといえば、今までの保険に対しての認識は、ずっと保険はどれも同じものであり、ただ入っていればいいという気持ちでいたからです。もちろん、保険というものは、どれも同じということではありません。

かつ保険という存在はお守りのような存在だったのかもしれません。多くの人たちが、保険に守られている認識は非常に強かったものの、それ以上どの保険かということを追求せずにおり、ただがむしゃらに仕事に熱中して来たのです。誰もが保険に対してそれ以上の追求をしなかったから、保険とはそのようなものだという共通の認識もここに出来上がってしまっていたようです。

そしてもう一つ重大な社会背景があります。戦後、体力のない保険会社も、経営がなりたつようにと、様々規制を設けることで、競争を制限するような措置がなされていたのです。それを、護送船団方式という言い方もします。保険会社は、過剰な利益をあげることに成功出来た訳ですが、「自由化」や「規制緩和」がされない世界には、いろいろな問題を抱えてしまうようです。

それはかつて消費者が求めている理想的な商品を思うまま購入出来ないということも意味をしているからです。保険に大事なポイントは、 規制が緩和され、自由化の波が保険業界に押し寄せることであり、現在において、それが実現したから、見直しというキーワードが頻繁に聞かれるようになって来たのです。