保険見直しの認識

最近とてもよく聞く言葉が保険見直しです。なぜ、そのようなモチベーションが世間に高まっているのかといえば、今までの保険に対しての認識は、ずっと保険はどれも同じものであり、ただ入っていればいいという気持ちでいたからです。もちろん、保険というものは、どれも同じということではありません。

かつ保険という存在はお守りのような存在だったのかもしれません。多くの人たちが、保険に守られている認識は非常に強かったものの、それ以上どの保険かということを追求せずにおり、ただがむしゃらに仕事に熱中して来たのです。誰もが保険に対してそれ以上の追求をしなかったから、保険とはそのようなものだという共通の認識もここに出来上がってしまっていたようです。

そしてもう一つ重大な社会背景があります。戦後、体力のない保険会社も、経営がなりたつようにと、様々規制を設けることで、競争を制限するような措置がなされていたのです。それを、護送船団方式という言い方もします。保険会社は、過剰な利益をあげることに成功出来た訳ですが、「自由化」や「規制緩和」がされない世界には、いろいろな問題を抱えてしまうようです。

それはかつて消費者が求めている理想的な商品を思うまま購入出来ないということも意味をしているからです。保険に大事なポイントは、 規制が緩和され、自由化の波が保険業界に押し寄せることであり、現在において、それが実現したから、見直しというキーワードが頻繁に聞かれるようになって来たのです。

Comments are closed.