保険見直しの風潮

競争しあって、いろいろな保険会社が登場して、ここに悪い保険会社が増えるということではありません。そのような保険会社が競争にもまれて存在出来ないはずです。実際に、競争しあうということは消費者にとって、大きなメリットがあるはずです。
しかし、消費者は、そこから、損する保険、得する保険を区別して見分けていかなければならない作業をしていかなければなりません。それは、ひょっとしたら消費者にとって手間のかかる唯一のデメリットなのかもしれませんが。

しかし、それは決して難しい問題ではなくて、保険のメカニズムをしっかり理解すればいいまでのことです。まず、大事なのは、保険に対して関心を持つことであり、それを基本、保険見直しと言います。

給料が右肩上がりの高度成長の時代も終焉に勝っていき、ちょっと程度損をしても、面倒くさいからそのままにしておこうという時代でもなくなってしまったのです。この現代社会において、当たり前のモチベーションとして、保険見直しをしようという風潮が起こったのです。

ただし、保険見直しを、いつも、時間のあるときにしましょうということではありません。そんな時間は、ほとんどの人たちにあるはずはありません。

Comments are closed.